むくみの要因

スポンサードリンク

足がむくんだり、顔がむくんだり、手がむくんだりなど、むくみはとても不快なものですよね。

男性でも、女性でも、むくむという経験をされている方は多いと思います。そしてむくみに悩むというかたも多いと思います。

むくみの主な原因

むくみとは、血液中の水分が血管外へもれて出てしまい、細胞と細胞の間に異常に水分が、たまることによって起こる症状です。東洋医学では、むくみは水毒体質といって水分代謝のよくない人のことを表します。水毒体質とは嫌な表現になってしまいますが、的確な表現とも言えます。

血液は心臓から動脈に送られ、毛細血管を通り細胞に届き、酸素や栄養素を供給し老廃物などを運び出し静脈やリンパ管を通り再び戻ってきます。このような循環がスムーズにいかなくなると体内の水分が血管外にもれてしまい、むくみという症状として現れてしまいます。

人体の約60%は水で成り立っています。病気以外の理由などで身体にむくみの症状が出てしまうのは、体内の水分のコントロールがきちんとできていない事になります。また、塩分の摂りすぎや運動不足も考えられます。

むくみは冷え性とも関係ある

むくみは冷え性とも関係があります。冷え性はとくに女性に多くみられますね。冷え性の人も、身体の血行があまりよくないため、手先の先まで張りめぐっている毛細血管に血液が上手く行き届かない状態になっています。やはり血液は循環がとても大切です。日頃の生活習慣を見直して、むくみにくい体質を作るようにしていきたいですね。


スポンサードリンク