手のむくみの原因と解消法

スポンサードリンク

手のむくみとは、皮膚の下に体の中の水分がたまった状態をむくみと言います。

よく、お酒を飲んだ次の日に顔がパンパンに腫れてることがあります。それが、むくみです。手がむくむと手のひらのしわが目立たなくなり、皮がつっぱった感じになります。感覚も薄くなり、あまり良い感触ではありません。すぐに治れば問題ないのですが、たまに、なかなか治らない人もいます。

手のむくみは冷やすといい

そんな時は、手を冷たい水で冷やしたり、心臓よりも高い位置におくと手のむくみも引くのが早いようです。とっても大切な指輪を手のむくみが原因でうっ血して、泣く泣く切断!なんて事のないように普段からケアをしていきたいものです。

その時だけの一過性のものならば大したことはないのですが長期にわたりむくんでしまうひとには悩みも大きいものです。特に女性の方にとっては頭痛の種にもなるのではないでしょうか?

さて体の余分な水分がたまって、むくみになると、書きましたが、どうやら、妊娠中の方や、つめたい食べ物を普段から食べてる人また冷え性の方などが、なりやすいようです。これらにあてはまる方は要注意です。

手のむくみは運動も大事

そして過度の運動不足や塩分、水分の取りすぎなども気をつけてましょう。脂肪の取りすぎもリンパ節の流れを悪くしてしまい、むくみの大きな原因になります。

体を冷やすことはさけて、適度な運動ときちんとした食生活が大切です。まずは生活習慣を見直し、改善することからはじめるのが、良いと思います。カリウム、ビタミンB2などの摂取がむくみの解消には効果的です。ですから、足りないものは、サプリメントで補助をしていくと、いいでしょう。

なかなかすぐには、改善されないかもしれませんが、あせらず続けていくこと、そして無理なく実践することが、大切だと思います。またながくむくんでいたり、しびれ、痛みなどを伴うむくみは、病気や疾患などにかかっている可能性もあうので、気になる時は、早めに病院へ行くようにしましょう。たかが、むくみと軽く考えないで注意したいものです。


スポンサードリンク