顔のむくみの主な原因

スポンサードリンク

顔のむくみが気になる、なんていう方もきっと多いのではないでしょうか。

朝起きたら顔がむくんでいる、なんて経験は皆さんされたことが、あると思います。特にお酒を飲みすぎた翌日の朝だったり、泣きすぎて、目が腫れているなんてことも・・・。

顔のむくみはなぜ?

むくみは皮下に余分な水分が溜まってしまう状態のことを言います。特に顔の中でも、まぶたは皮膚が薄くてたるんだいるため、水分がとても溜まりやすくなってしまいます。そのため、まぶたはむくみやすく、腫れぼったいのです。

また塩分の取りすぎや、運動不足、寝不足などから新陳代謝が低下してしまい、低下することで血行が悪くなり、リンパ管の働きも悪くなってしまいます。顔にも血管やリンパ管が張り巡っていて、リンパ管の働きが悪くなれば、水分や老廃物なども流れにくくなるので、顔のむくみとして現われてしまいます。

顔のむくみを取るには?

顔のむくみをとるには、リンパの流れ、血流の流れを良くすることが大事です。血行をよくするために効果的なのは、半身浴などで体を芯から温めることです。そして適度な運動やきちんと食事で、栄養を摂るということが大切です。

ミネラルやビタミンが不足しないように気お付けて、マグネシウムやカルシウムを多く含む食品を毎日の食生活に取り入れていくといいでしょう。いろいろ注意していても、顔のむくみが解消しないときは、腎臓の機能が低下しているなど、原因がある場合もあります。女性では生理の前後にホルモンバランスなどにより、むくむこともあります。気になる場合は、早めに医師に相談し、診ていただくといいと思います。


スポンサードリンク