足のむくみの対処法

スポンサードリンク

足のむくみはきっと一番経験しやすい、感じやすいものだと思います。仕事だけでなく例えば遊びでも一日中歩き回ったりもするば、夕方には足がだるく感じたり、パンパンになって靴がきつく感じるなど・・・そんな経験をされたことは意外と皆さんあると思います。それがむくんでいるという感覚だと思います。

足のむくみは体と同じ高さに

足のむくみを感じた時は、なるべく少しでも時間がある限り、足を身体と同じ高さに置くようにしましょう。椅子などを利用して、体と同じ高さかそれよりも少し高めに足を置くことで、血液を通りやすくするのです。こうすることでむくみの改善につながります。

足踏みもむくみには効果的です。「足の裏は第二の心臓」とよく言われています。足踏みをすること、血行がよくなり、静脈血やリンパの流れがよくなり、むくみも解消されます。1日20〜30分程度、続けて歩くとより効果的です。毎日続けることでむくみの改善につながります。

また、足のむくみは心臓から遠いところからむくみやすくなるので、足をマッサージするときは、上に向かって、やさしくさすったりすると、リンパの流れは改善します。

簡単にできる足湯もおすすめです。

食事でも改善方法はあります。例えば、むくみにはビタミンB群が一番効果があるといわれています。サプリメントなども上手に利用して栄養を補っていきたいですね。またミネラルバランスが崩れてしまう、全身の水分のコントロールがうまくいかなくなります。

ミネラルやビタミンが不足しないように 食生活を見直していくこともとても大切なことですね。足のむくみ・だるさがある時は、足だけではなく全身の気のめぐり・血のめぐり(血行不良)も悪くなっています。

足のむくみの解消には

それぞれ皆さんのおかれた環境や体質などによって【体がだるい】【疲れやすい】【眠りがあさい】【食欲不振】【気力が続かない】など色々な症状が現れたり、ひどい場合にはセルライト(とても落ちにくい脂肪のこと)の原因となってしまう場合もあります。

これは常日頃からの生活環境はしっかりした解消法を行っていない為に起こる現象です。1日中同じ姿勢を続ける仕事をしている人は、体の同じところばかりを使うことで筋肉疲労が起こりやすくなります。また、長い間じっとしていると血行不良も起こりやすいです。

ときどき姿勢を変えたり、合間を見て伸びをしたり軽いストレッチをするなど、できるだけ体を動かして筋肉の緊張をほどく工夫をしよう。 帰宅後は、温かいお風呂にゆっくりつかるのがよい。足のむくみなら、お湯をバケツなどに入れ、足だけ温めてやるのもよい。

顔のむくみなども、よくマッサージしたり、熱いタオルを顔に当てるなどして血行をよくすることがむくみ解消につながります。


スポンサードリンク