むくみの原因

スポンサードリンク

むくみと言えばいろいろですが、むくみに悩まされている方、原因や解消法が分からないで困っている方も、多いのではないでしょうか。

むくみの原因になるもの

むくみとは、体の代謝が上手く機能せず、 尿や汗として排出されるべき水分が体内に溜まったままになってしまい、顔や手足等が膨れてしまう状態です。

むくみの原因は主に日常の生活習慣に潜んでいると考えられます。同じ姿勢を長時間とるデスクワークや立ち続けることや座り続けることが多かったり、ストレスや寝不足、アルコールの取りすぎなど、そして乱れた生活習慣が、大きなむくみの原因と考えられます。過剰に塩分をとりますと、水分が溜まりやすくなるので要注意です!!

だいたい、起床後1〜2時間でむくみは消えることが多く、生活習慣を改善するで対処できることが多いです。女性の場合は、月経前や妊娠することがむくみの原因になることも多々あります。血液は心臓から流れ、心臓に戻ってくるので、心臓から遠い場所ほどむくみやすくなります。

一時的なむくみの原因

一時的な、むくみの原因となるものは、軽いストレッチやマッサージで改善されますが、病気がむくみの原因となることもあるので、注意してください。例えば、むくんでると感じる場所を指で押してみて、元に戻らなかったり、疲れが全然とれない、だるいや、めまい、熱、しびれなどが出てきてしまった場合は、安易に考えないで、早めに病院でむくみの原因を診て頂くようにすることを、おすすめします。

そして、大人の場合は、1日の疲労が原因でむくみが生じることがけっこう多いですが、子どもの場合は、まず病気を疑ったほうがよいと思います。可能性が一番高い病気が、血中のたんぱく質が尿に流れ出してしまう「ネフローゼ症候群」腎臓に炎症が起こってしまい、尿が出にくくなる「急性腎炎」といった腎臓の病気、次が心臓病。極端に栄養が低下してしまった場合にも、ひどいむくみが起こるので要注意!!


スポンサードリンク